読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159261
0
日本の総理学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
東アジア経済共同体を創設せよ

『日本の総理学』
[著]中曽根康弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 世界の文明の中心地は、ギリシア、ローマの地中海から二十世紀は大西洋に移り、そして二十一世紀には太平洋へと移るのが歴史的必然であり、二十一世紀はアジアの時代になると考えています。さらに日本をはじめアジアの各国がお互いに緊密な連携をとりながら太平洋に大きく羽ばたくような態勢ができれば、とも思っています。

 そこで大切になるのが、中国との連携です。たとえば、ASEANとの関係についていえば、中国とは競合するのではなく、よく話し合って、お互いに理解し合いながら、「東アジア経済共同体」の創設に向けて努力すべきだと私は以前から提唱しています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1672文字/本文:1940文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次