読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1159270
0
日本の総理学
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
靖国神社は「分殿化」の方向で

『日本の総理学』
[著]中曽根康弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 いまでこそ靖国神社は、神社本庁に所属する一宗教法人ですが、戦前は陸軍と海軍が共同で管理、運営していました。もともとは、勤皇の志士を祀る場、「東京招魂社」として創建された(一八六九年)もので、その後、明治天皇が「靖国神社」と命名し(一八七九年)、このとき国家に顕著な功績のあった人臣を祭神とする「別格官幣社」の神格が与えられたのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1254文字/本文:1421文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次