読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1159361
0
新しい「店長のバイブル」
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Point4 物足りないなと思ったときこそ美点凝視する

『新しい「店長のバイブル」』
[著]袋井泰江 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 1 “美点凝視”と“欠点凝視”


 人間関係は“鏡の法則”と言われます。相手の良いところを見て、「ここがこう素晴らしいね」ときちんと相手に伝えると、相手からも好意が返ってきやすいのですが、逆にこちらがイヤだなと思って敬遠すると、おのずと相手も敬遠するようになるのです。これを店舗経営にあてはめると、スタッフの良い点(行動等)をしっかり見て、日常的にきちんと褒めれば、スタッフは自信が持てるだけでなく、褒めてくれた店長にも好意を持って接するようになります。それを“美点凝視”と言います。

 しかし、現実はそうやさしくはありません。理由は大きく2つあります。

 1つは、あなたとスタッフの関係は、単なる友人ではなく、上司と部下であることです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1623文字/本文:1939文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次