読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1159375
0
新しい「店長のバイブル」
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
おわりに

『新しい「店長のバイブル」』
[著]袋井泰江 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 執筆にあたり、ラグジュアリーブランドの100名を超える現役店長にアンケートのご協力をいただきました。お忙しい中にもかかわらず、今率直に感じていることに関し、多くのコメントを記入していただきました。この本のケーススタディはそのアンケートで挙がった代表的な悩みから整理しました。また、事例研究等に登場する店長もじかにお会いし、お話を聴かせていただいた内容を書かせていただきました。多くの方のご協力のもと出来上がった内容です。

 店長と一口に言っても、規模、業種によって任される責任範囲も異なるなど、実態は千差万別です。ここでは主に、「商品、サービスを販売する」店長をメインに書かせていただきましたが、本質的な部分、すなわちマネジメントとリーダーシップの基本は共通すると考えています。

 「うちの店はしょせんバイトを使って作業をやらせるだけ」と思っている店長もいるかもしれません。しかし、スターバックスやディズニーランドのように、そこにしっかりマネジメントとリーダーシップを入れ込むことで、会社の代表者としての自覚を持ってお客様に感動を与えるサービスを提供することは可能です。

 また、「うちの店は、体育会系のノリでこれまで十分成功してきた。今さら難しいことをやり始めることで逆におかしくなる」と考える店長もいるかもしれません。しかし、「こうすればこうなる」という過去のやり方がどんどん通用しなくなってきています。むしろ“考えながら動く”“動きながら考える”ことが必須で、その際の重要な指針になるのが、ここに書かれている本質なのです。

 これからの時代はマネジメントとリーダーシップの基本をふまえたうえで、自分の店長カラーを打ち出すことなしに、成功はありません。

 店長として人の上に立つということは、個人の感情だけでなく関係者を幸せにする責任が発生します。

 「この店長のもとで働けてよかった」「この店長が会社にいてくれてよかった」という人を一人でも多く創り出すために、私たちは努力する必要があります。そして、その声が大きくなればなるほど、あなた自身が「がんばってよかった」「こんな思いは店長になってみないと味わえない」と実感する瞬間が多くなるでしょう。

 アンケートの中にも、「今信頼できるスタッフと働くことができている」「チームの強さ、絆を感じることができる」「マネジメントは楽しい! 心からそう言える」という力強いコメントがありました。

 多くの店長がそういう実感を味わえるように、この本がお役に立てれば幸いです。

 執筆にあたり、多くの店長、人事担当の皆様にたいへんお世話になりました。またサービスマーケティングに関し、熱心にご指導いただいた近藤隆雄先生にも感謝申し上げます。最後にこのような執筆の機会を与えていただいたSAPPORO PHPの朝日田雄人様、右も左もわからないなか、丁寧かつ辛抱強くご指導くださった株式会社PHP研究所教育出版部の萩原一彦様に心よりお礼申し上げます。
袋井泰江 
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1240文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次