読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1159404
0
昭和の宿命を見つめた眼
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
西田門下生とマルクス主義

『昭和の宿命を見つめた眼』
[著]高坂節三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 西田門下には、戸坂潤をはじめ三木清や谷川徹三などマルクス主義に理解を示す者も少なくなかった。『回想の戸坂潤』には、やはり西田門下でマルクス主義に傾斜した船山信一(のち立命館大学名誉教授)が、当時の父たちと戸坂潤の関係を前出の梯明秀とは真反対に捉えて、次のように書いている。
〈京都時代の戸坂さんはまだ空間論や性格学をやっておられた。戸坂さんは当時進歩的な哲学科学生からは支持され、そのグループの中心となっておられたが、先輩の中では少くとも思想的理論的には孤立しておられたようであった。ただし戸坂さんは田辺先生とは随分議論されたし、田辺先生の方でも戸坂さんの所説に耳を傾けられ、戸坂さんの方でも田辺先生に好意をもっておられたが、戸坂さんは先輩の高坂正顕氏、同期の西谷啓治氏、後輩の高山岩男氏等のグループとは互いに思想的に隔絶しておられたようであった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2914文字/本文:3288文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次