読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1159810
0
脳を最高に活かせる人の朝時間
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『脳を最高に活かせる人の朝時間』
[著]茂木健一郎 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 朝時間の過ごし方を振り返ったとき、幸せだった幼少期の思い出が、今でも鮮やかによみがえってきます。

 その頃、私が熱中していたのが蝶の採集です。「どんな蝶と出逢えるのか?」と想像するだけでワクワク・ドキドキして、次の日の朝が待ち通しくてたまりませんでした。
「早起きがつらい」と思ったことなど、一度もありません。

 そして早朝、原っぱや森林の清々しい空気のなかで、お目当ての蝶が現れるのをジッと待ち続けます。しばらくすると……花の蜜を吸いに来た蝶たちが、色とりどりの花のうえを舞い始めます。逃げられないように私はそろりそろりと近づき、ネットを振って蝶たちをとらえていく──。

 このようにして採取し、標本にした蝶は、まさに私の“宝物”。特に、希少な蝶にめぐり逢えたときの快感は、天にも昇る気持ちになりました。たくさんの種類の蝶が標本に加わり、それらの模様や色、生態などを調べることが、私の日課となっていたのです。

 これが私の「朝活」の原点でした。

 思春期を迎える頃に、私は蝶を標本にすることに心を痛め、大好きだった蝶の採集を止めました。ただ、学生の頃の朝時間は、英語の原書にトライする貴重な時間となりました。私の朝活は継続していたわけです。

 何かと慌ただしい現在でも、朝イチバン、目覚めると同時に原稿の執筆に取り掛かったり、情報収集をしたり、SNSを活用して自分の考えを発信したりしています。


 どんな朝時間の使い方をすれば、脳を最高に活かせるのか──。

 本書では、この点に脳科学の知見から踏み込んでいきますが、その前提として、「朝時間を楽しもう」というマインドを失わないで欲しいと思います。

 朝の貴重な時間をワクワクすることに使う。以前からずっとやりたくて、手をつけていなかったことにチャレンジしてみる。仕事から離れてクリエイティビティ豊かな過ごし方をしてみる……。

 こんな朝時間を過ごせたら最高です。私にとって、蝶の採集に明け暮れた幼少期の朝時間がまさにそうでした。年齢を重ねたこれからも、新しい発見、新たな感動と出逢えるような朝時間を過ごしたいと考えています。

 脳の凄いところは、好奇心を失わずに挑戦すれば、何歳になっても新しい神経回路が強化されていく点です。脳の限界は誰にもわかりません。想像をはるかに超える可能性を、あなたの脳は秘めているのです。

 自分の脳に自信を持ってください。そして、自分が成し遂げたいこと、やりたいことを無限に想像してみましょう。脳の可能性を自ら狭い枠のなかに閉じ込めてしまうのは、とてももったいないことです。

 ただし、真面目な人に多いのですが「朝の貴重な時間を1秒もムダにしてはいけない」などと自分を追い込まないように! 過度なプレッシャーは禁物です。それが結果的に、脳に強いストレスを掛けてしまうと、脳が持っている本来の力を制御したり、パフォーマンスの低下につながってしまいます。

 朝、起きたばかりの脳が素晴らしいのは、前日までの記憶が整理され、フレッシュな状態にあるという点です。同じ作業をするにしても、昼や夜の疲れた脳と比べれば、はるかに高いパフォーマンスを発揮します。だからこそ、脳が喜ぶことをどんどん実行して、好スタートを切りたい──スタートダッシュが上手く決まれば、日中、午後にも余裕ができて、トータルのパフォーマンスもアップするでしょう。

 さらに、脳は心の状態とも密接にかかわっています。脳が自分の置かれている現状をポジティブな状態に評価し、前向きな気持ちを継続させれば、一人ひとりが幸せを強く実感できるようになるのです。素晴らしいことだとは思いませんか!

 毎朝、脳をポジティブな状態に保ち、心理面でも好スタートを切ってください。それが心豊かな1日を過ごす秘訣となります。
「朝起きると、どんな1日が始まるのだろうとワクワクする」──。

 私自身、脳科学の最終的な目的は、人の幸せに寄与することだと思っています。

 本書を通じて、脳を最高に活かす朝時間の使い方を学び、充実した毎日をスタートさせてください。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1669文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次