読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1159886
0
働く20代のメンタルコントロール術
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに

『働く20代のメンタルコントロール術』
[著]田中ウルヴェ京 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 本書を買っていただいた方、いや、まだ立ち読み中の方。

 みなさん、こんにちは。メンタルトレーナーの田中ウルヴェ京です。


 私はこれまでに40数冊の本を出していますが、ずっと放置していたテーマがあります。それが「20代のビジネスパーソンに特化したメンタルコントロールの本」です。


 そもそも私は、オリンピック代表選手や世界で活躍するプロアスリートへのメンタルトレーニング指導が専門ではありますが、企業研修をはじめ、一般のビジネスパーソンの方々にトレーニングをする機会も多くあります。

 その際、お目にかかる20代の方から、よくこんな質問を受けます。


 「メンタルトレーニングの中で、まず20代でこれだけはやっておいたほうがいいというような、基本の『き』が学べる本はありませんか?」

 「20代で起こるストレスの対処法を教えてくれませんか?」


 本書は、そのようなみなさんのご要望にお応えした本です。

 とくに、20代で身につけておくと後の人生で大いにプラスになるであろう「メンタルコントロール(心の調整法)」について、事例を挙げながら、できるだけわかりやすくまとめました。文中の事例はすべて実例ですが、少し笑ってしまうようなものも含めて、私自身の20代での失敗談であることを先に申し上げておきます……。


 本書を通じて、多くの20代のみなさんにお伝えしたいことは、次のことです。


 「今の世の中、私たちにはストレスがたくさんある。その事実は変えられない。でも、メンタルコントロールによって、その事実に対しての対処ができるようになれば、いくらストレスがあっても、自分の思い通りにストレスを調整して、理想の自分になることができる」ということです。


 この本で紹介するメンタルコントロールのスキルは、どれも私が一流と言われるアスリートへ日頃行っているものを基本としています。

 本番前の緊張ストレス対処、コーチやチーム、観客など様々な人間関係のストレス対処、必ず選手人生には終わりが来るという将来不安へのストレス対処、自分の能力に疑いを感じる不信というストレス対処……などなど。

 アスリートが、確実に結果を出すためには、具体的に何をすべきなのか。こういったトレーニングを、本書では、20代のビジネスパーソンに向けて応用しています。


 メンタルを鍛えることは、誰にでも可能です。身体の筋力トレーニングと一緒で、コツを押さえ、継続すれば、必ず心の筋肉は鍛えることができます。すると、どんなビジネスシーンでも、自分が本来持っている実力を存分に発揮できるようになるのです。


 みなさんにとって、本書が、「人生で訪れる様々な壁を、乗り越え続けていくためのジャンピングボード(踏み板)」となることを願っています。

田中ウルヴェ京
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:1140文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次