読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1160453
0
カラダがよろこぶ76の習慣
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
scene 1 体ケア 体のお手入れで元気をつくる!!

『カラダがよろこぶ76の習慣』
[監修]海原純子 [編著]株式会社オメガ社 [発行]PHP研究所


読了目安時間:23分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


冷やしてはいけない体の3部位

 冷えは万病のもと。冬に限らず、冷房の影響を受ける夏もまた、冷えをため込みやすい季節です。女性は男性にくらべ、エネルギーを生み出す筋肉が少ないうえ基礎体温も低く、皮下脂肪などがつきやすい体型をしているため、冷えからくる症状を持ちやすいといえます。たとえば肩や首のこり、腰痛、生理痛、胃痛、頭痛などです。


 20代は、“血液”のバランス=循環機能がくずれ、手足が冷えやすくなります(冷えの初期段階)。血液が冷えると、交感神経が血管を収縮させてしまいます。血管が細くなると血流が滞り、生理不順、生理痛が悪化します。また、肌荒れ、肩こりの原因にもなります。


 30代で冷えがすすむと、代謝が悪くなって体外に排出されなかった水分が“水毒”となり、体内にたまるようになります。これが体をむくませ、胃腸の不調や頭痛、めまいを誘発するのです。


 体の部位でもっとも冷やしてはいけないところは、「首」と「お腹」と「足首」です。


 首まわりが大きく開いたカットソーやキャミソール、丈の短い上着、股上の浅いタイプのパンツ、足首を外気にさらすレギンスなど、流行を取り入れたファッションには、防寒に役立たないスタイルも多いので気をつけましょう。


 ストールやスカーフで首を守り、足首をおおう靴下やレッグウォーマー、タイツ、ブーツなどの体を保温するアイテムを活かして、上手におしゃれを楽しみましょう。熱を逃がさない薄地のインナーは、安価で手に入るので活用するといいですね。また屋外と屋内の温度差が激しい場所に、頻繁に出入りすることも避けてください。


 外出時は、体温調整できるカーディガンのようなはおりものを常に携帯しておくといいでしょう。日頃から冷たい飲み物や食べ物は控え、なるべく温かい飲み物と食べ物を選ぶことです。


 女性の体はホルモンの影響に左右されやすいため、とくに生理前および排卵期は体を温めるようにしましょう。その期間は、普段よりも衣類に気をつけるようにしたいものです。温かい食事と入浴を習慣にすれば、体温も上がるので、あらゆる症状の緩和につながります。


体の調子を整えるツボ押し

 体のツボを刺激すると、細胞組織が収縮または弛緩して血流をうながします。自分でもできるツボ押しは、自然治癒力を高め、疲れや痛みを緩和させます。


 押し方の基本は、親指または人差し指か中指で、トータルの時間は15分くらい。翌日に症状がやわらいできますが、たとえ数分しかツボ刺激ができなくても、なるべく毎日、体にふれてみることが大切です。1回に押す目安は3~5秒間で、指で押すと軽い痛みと気持ちよさを感じる程度が、ちょうどよい力の入れ具合です。息を吐きながらしっかり押した後、ゆっくり力を抜きます。


 代表的な脚のツボである「(さん)(いん)(こう)」は、女性のためのツボといわれています。生殖器、泌尿器の不調を改善して体を温めるので、生理痛・生理不順にも効果的です。もうひとつは同じくくるぶしの内側とアキレス腱の間にある「(たい)谿(けい)」で、冷えに効きます。また、腕のツボは上半身のあらゆる不調に効果があります。


※指1本=親指1本の太さです。


 (注)妊娠中の方は、影響をおよぼすおそれがあるためツボ刺激は控えてください。



肌トラブルをまねく3つの敵

 肌荒れは、睡眠不足、食生活の乱れがおもな原因ととらえがちですが、肌トラブルのもとはそれらだけではありません。「健康的で透明感のある肌」を手に入れるために、肌トラブルをまねく3つの敵を知り、セルフケアをしましょう。


【紫外線】


 すべての肌トラブルのもとである、といっても過言ではない紫外線。それはシミのもとになるメラニンの過剰な生成をうながし、さらにコラーゲンなどを傷つけ、たるみの原因にもなります。


 シミやくすみが目立ってくるのは、紫外線を浴びた直後ではありません。今まで浴びてきたものが蓄積されて、ある日突然肌トラブルとしてあらわれるのです。ですから紫外線を常にカットすることが大切です。晴れの日の屋外だけではなく、室内、曇りの日、日陰、涼しい日でも、日焼け止めをこまめに塗る習慣をつけましょう。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9520文字/本文:11235文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次