読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1160467
0
[新版]本当の自分らしさを見つける50のヒント
2
0
13
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 Q みんなに好かれる人になりたいのですが。

『[新版]本当の自分らしさを見つける50のヒント』
[著]海原純子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
13
| |
文字サイズ


A すべての人に好かれようとするのはやめましょう。


「みんなに好かれる人になりたい」


 新人タレントや野球選手や俳優がインタビューに答えてこんなふうに話す場面を、始終目にしたり耳にしたりします。みんなに好かれる、確かに一見理想的に聞こえる言葉ではありますが、そんなことは本当に可能なのでしょうか。こうした言葉の魔法に縛られて身動きできなくなる人に多く出合っている私としては、ぜひこの魔法から自由になってほしいと思うのです。


 OLをしているAさんは会社で仕事もまずまずうまくこなしているし、勤務体制も満足しているし、同僚や先輩との人間関係も問題がないと言います。それでもAさんは納得していないことがあるのです。先輩の女性から仕事のうえで信頼されていないようで、何となくうまくいかないのだそうです。

「あの先輩さえいなければ職場も楽しいのに」


 とAさんは言います。あの先輩が一人いるために会社に行くのが嫌になってしまう、というAさんは、「みんなに好かれたい」という魔法にかかっているといえるのではないでしょうか。


 Aさんは会社で、同僚や先輩のほとんどの人とうまくいっているのです。Aさんが好かれていないのは「たった一人の先輩」。にもかかわらず、Aさんはそれが気に入らないのです。「すべての人」に好かれていないことで気分が落ちこんでしまっているのです。

「あの人さえいなければ」

「あの人一人のために」


 という言葉はよく使われますが、そうした時は、「すべての人に好かれたい」という幻想に縛られていることが多いのです。その幻想を手放してみて下さい。気分が軽くなるはずですから。



この記事は役に立ちましたか?

役に立った
13
残り:0文字/本文:679文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次