読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1160864
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
西欧最大の反核運動はなぜ起こったか

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ヨーロッパの安全保障をさぐる私の旅は、スウェーデンからオランダへと舞台を移す。主テーマは依然、ソ連をどうみるかだが、オランダではとくに最初に反核運動に光を当てることにした。オランダは中距離核ミサイル配備への反対がもっとも激しく燃えさかった国だからだ。
「日米安保条約は堅持、自衛隊も堅持あるいは増強。しかし核兵器の国内配備には反対」――。

 オランダの反核運動の主張を日本におきかえてみると、こんなふうになる。日米安保への反対や自衛隊の否定と表裏一体となった日本の反核運動とは、基本的な違いがある。日本の新聞でヨーロッパの反核運動報道をいくら読んでも、どうもこのへんの基本がわからなかったのだが、実際に現地へ行ってみるとほんの数日間でモヤがすっきりと晴れた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2174文字/本文:2502文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次