読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1160868
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
結果は条件つきの配備決定

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 オランダのここ一年来の世論調査では、巡航ミサイルの国内配備には五〇から六〇パーセントをこえる人々が反対という結果が出ている。総人口一千四百万の国で五十万人もの参加の反対大集会が開かれたのも、こうした背景からである。

 ところがその一方で七〇パーセント以上の人たちが、オランダはNATOに留まるべきだと答えている。NATOの決定による自国への核ミサイル配備には反対だが、自国の安全保障がNATOの集団防衛体制に組みこまれていることにはあくまで賛成する、という一種のジレンマである。

 にもかかわらず、巡航ミサイル配備への反対運動が西欧随一の高まりと広がりをみせたのは、核兵器そのものへの恐怖や、東西両陣営の核戦力強化競争への不安のほかに、運動が打ち出した現実路線のせいだろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1568文字/本文:1904文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次