読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1160869
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
教会復権のためのテーマ

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 さてオランダのミサイル配備反対運動に話をもどし、運動の外側にいる人たちがそれにどんな評価を与えているかをも紹介しておこう。反対運動に同調しないオランダ国民も多数いるのだから、それが公平というものである。

 ハーグの大手紙「NRCハンデルスブラッド」の政治評論員J・M・ビック氏に尋ねてみた。ビック氏はハーグのテレビなど同新聞以外のメディアにも頻繁に登場する政治評論家である。核問題を永年、専門的にカバーしてきたという。

 ――オランダではなぜ教会が反核運動の最大勢力となって、これほどの影響力を行使できるのですか。
「オランダ社会内部ではキリスト教会は伝統的に、きわめて大きな力を持ってきました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1751文字/本文:2047文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次