読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1160881
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自主独立のための核武装

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 フランスの核政策に関してはタテュ氏以外の人物にもいろいろ話を聞いた。そのひとりはフランス核政策の“ゴッドファーザー”とも評されるフランソワー・デローズ伯爵だった。

 デローズ伯爵はもともとは外交官だったが、戦後すぐの一九四六年から国連の原子力委員会のフランス代表部に勤務して、核にかかわりを持つようになった。その後はフランス原子力委員会メンバー、外務省の原子力担当、NATO担当、六二年にはフランス軍参謀総長特別補佐官となった。さらに外務省核問題担当部長、駐NATOフランス大使を経て欧州核研究機構委員長をもつとめた。ドゴール政権が登場する前に、フランスが核兵器開発のためのプルトニウムやウランをひそかに蓄えていたころから核戦略に関係してきた人物である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1758文字/本文:2085文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次