読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1160888
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
サッチャーはなぜ対ソ強硬か

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 イギリスの安全保障政策の基本は抑止である。NATOによる集団防衛態勢を通じての抑止がその基盤となっている。このへんの考え方をサッチャー首相みずからは次のように説明している。
「政府の第一の任務はわれわれの将来と、われわれの生活方式とを安全に守ることである。そのためにはわれわれはイギリスを強力に、かつ自由にしておく決意を潜在敵に示さねばならない。万一、侵略を考える相手にはわれわれがそうした侵略をはね返す軍事能力と意思とを持っていることを知らせておかねばならない。八三年六月の総選挙でもイギリス国民の圧倒的多数は自国が十分に防衛されることが不可欠と考えていることが判明した。彼らはイギリスの核兵器が核戦争のみならず、通常戦争をも防止する役割をはたしてきたことを認めている」(八三年十一月の保守党大会での演説)
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2922文字/本文:3276文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次