読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1160903
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
重要部分は国民に事前に問う

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「防衛政策の民主化」とはなにか。

 この言葉自体は西ドイツの学者たちからまず聞かされた。その後にイギリスでもオランダでも呼び名こそ異なるがまさに同じ傾向が強まっていることを知った。
「防衛政策の民主化」とは簡単にいえば、国の安全保障にかかわる政策が、国民一般の幅広い検討や論議の対象となる傾向のことである。

 たとえば西ドイツではつい数年前まで防衛政策が国民多数の直接の検証を受けることはなかった。議会での公開論議の主テーマとなることさえ珍しかった。だいたいはごく少数の専門家によって立案されていた。もちろん政策の大ワクとなる国民の考え方や時の政権の立場はある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2196文字/本文:2474文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次