読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1160906
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「防衛白書」で逆批判を展開

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 西ドイツでは防衛政策の主流派が異論に対し積極的に挑んでいくという傾向はさらに強かった。

 防衛政策がごく普通の国民のレベルで論じられるという“民主化現象”は、西ドイツではイギリス以上に強くなっている。世論の支持を事前に得ることが防衛政策の形成上、致命的な重要性を持つようになっている。だから政府、与党の側もみずからの政策のわかりやすい説明を、伝達のあらゆる手段を使って試みている。イギリスのような文書作成はいうまでもない。

 これまで歴代の西ドイツ政権の防衛政策は、NATOによる集団防衛、抑止力の政策、ことにアメリカの核抑止への依存などが柱であり、その前提にはソ連を脅威とみる認識がある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1216文字/本文:1510文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次