読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1160912
0
ヨーロッパの戦略思考
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の戦略はどうあるべきか

『ヨーロッパの戦略思考』
[著]古森義久 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 第四の点は軍縮、軍備管理である。

 ヨーロッパの安全保障では防衛力の強化とともに、軍備増強の危険な過熱を防ぐ軍縮、軍備管理の試みにも最大の関心が向けられている。ことに「防衛政策の民主化」の傾向が進む状況では、軍備増強への国民の支持を得るには、同時に軍縮への関心をも政策としてはっきり示しておくことが、単に世論への配慮からも必要となる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:772文字/本文:939文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次