読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1161165
0
さらば!霞が関
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
課長補佐時代と公共事業

『さらば!霞が関』
[著]八幡和郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 フランス留学から戻ってくると、立地公害局(現環境立地局)の工業用水課というところの課長補佐になりました。工場に水を供給する工業用水道の建設・整備が一番大きな仕事ですが、ほかに水処理や再利用、それに海水淡水化の機器を所管している立場からみていましたし、地盤沈下対策も含めた水資源問題全般の通産省における窓口課でした。

 この課は通産省でただひとつ公共事業を扱うところで、大蔵省の主計局でも通産担当でなく公共事業担当の主計官の所管でした。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:880文字/本文:1097文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次