読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1161773
0
老いてほどほど、二人暮らし
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子どもの足を引っ張らない

『老いてほどほど、二人暮らし』
[著]中村メイコ [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 夫か、妻か。どちらかがあの世に旅立つ時がいつかはやってきます。後家さんになるか、男やもめになるか。それはわかりませんが、一人が他界すれば、もう一人は当然、この世に残されることになります。

 神津さんが私を看取る、私が神津さんを見送るということも、遙か未来の出来事、と言ってはいられない年代になってきました。

 私自身は、一人きりになった夫の老母、そして同じく夫を先に見送った自分の老母を引き取り、同居する生活をあえて選びましたが、子どもたちには同じ思いはさせたくない、他の選択肢があるはずだという思いを抱いています。

 今後の私の一番のテーマは「子どもたちの足を引っ張らないこと」です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1833文字/本文:2124文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次