読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1162177
0
「どうせ変われない」とあなたが思うのは、「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
54 どんなにドライでも、お礼と謝罪がきちんと言えれば大丈夫。

『「どうせ変われない」とあなたが思うのは、「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ』
[著]千田琢哉 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「そっけないとよく周囲に言われてしまう」
そんな相談を受けた。
人間関係には、いずれ終わりがやってくる。
とても厳しい話だが、これが厳然たる事実だ。
この事実を正面から受容できないがゆえに、余計な期待や依存心を抱いて、傷ついたり傷つけたりしなければならないのだ。
もちろん賞味期限が切れても、お互いの成長が一致すれば、再会したときにはまた復縁する可能性はあるだろう。
だが永遠に同じ関係が続くことはまずないと知っておくことだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:373文字/本文:580文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次