読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
-1
kiji
0
1
1162217
0
教師の哲学 人を導く者の魂とは
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
いったい、日本人はどうなってしまったのか

『教師の哲学 人を導く者の魂とは』
[著]岬龍一郎 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

戦後」という言葉も遠くなり、すでに平成も十五年になってしまった。十五年といえば大正期と同じ年月である。と同時に、この歳月は、ペリー来航から明治維新までのあの“幕末”と同じ時間の流れである。だがいまの日本は、改革・変革を叫びながら、長きトンネルに入ったままで、その出口すら見つけだせないでいるのだ。


 振り返れば、たしかに戦後の日本は、文字通り献身的な努力と勤勉なる働きにおいて、この国を廃墟から経済大国へと復興させた。とくに一九八〇年代は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれたように、明治以来の「欧米諸国に追いつき追い越せ」と掲げてきた近代国家の目標を達成した。


 だが、その繁栄もつかの間、どこでどう間違ったのか、くしくも平成元年末からはじまったバブル崩壊後の日本は、いまだその構造不況から立ち直れず、未曾有の経済不況下にある。金融機関は相変わらず大量の不良債権を抱え、あまたの企業は倒産の影におびえ、そのために中高年はリストラの名のもとに解雇され、若年層の就職率は戦後最悪となっている。


 それにともない、人の心は荒廃し、世の中全体にはびこる無節操な倫理観のなさは、夢想だにしなかった悪質な犯罪や、わけのわからない変質的な事件を生みだしている。その一方では、もっとも倫理観の強かったはずの教育者、警察官、医療関係者といった人々までもが、常識では考えられないような不祥事を起こしている。


 こうしたモラルの崩壊は、未来を担うべき子どもたちの世界ではいっそう顕著にあらわれ、“援助交際”なるいかがわしい少女売春が横行し、常軌を逸した少年たちの凶悪犯罪もめずらしくなくなった。学校は「荒廃」から「崩壊」へと進み、「いじめ・自殺」の問題はさらに深刻化し、あげくの果ては教師ばかりか小学生が覚醒剤所持で逮捕されるといった事態に陥っている。


 いったい日本は、あるいは日本人は、どうなってしまったのか。「豊かさ」と「便利さ」だけを追い求めてきた戦後社会のツケが、いまいっきょに吹き出しているのではないか……。何かがおかしい。どこかが狂っている。こうした思いは、けっして私ひとりの思いではないだろう。


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:893文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次