読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1162619
0
子どもを伸ばす話し方、ダメにする話し方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子どもを自分の脚本にあてはめるのはやめよう

『子どもを伸ばす話し方、ダメにする話し方』
[著]海原純子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 何かことが起こると「うちの子にかぎってそんなことは絶対にするはずがない」という言葉が聞かれます。そして、実は「うちの子」が「そんなこと」をしていると知ると親はびっくりしたり、悲しんだり、腹を立てて子どもに当たりちらします。

「そんなふうに育てた覚えはない」と叫んでみても、実はそれは幻想であった、ということも多いのです。


 実際、親の「幻想=脚本」であることがどんなに多いことでしょう。親は、子どもに「こうあってほしい」という思いをいだきます。単に「思い」や「願い」であるうちはよいのですが、それが高じると、しばしば自分で子どもの人生の「脚本」を書いてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2217文字/本文:2498文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次