読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1162623
0
子どもを伸ばす話し方、ダメにする話し方
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
子どもの好き嫌いは親がつくっている。親の嫌いなこと、ものを子どもの前では言わない

『子どもを伸ばす話し方、ダメにする話し方』
[著]海原純子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 好き嫌いの多い子がいます。そういうお子さんを持つ親は、「うちの子は好き嫌いが多くて困る」と嘆くものですが、実は、好き嫌いの多くは親がつくっているといっても過言ではありません。


 子どもは親を観察しています。一番身近にいるお手本だからです。そして、しっかり観察してその真似をします。学習は模倣からはじまるのです。


 たとえば親がある野球チームが好きだと、子どももそのチームが好きになることが多く、嫌いなものがあると、同様に嫌いになります。好きなものがあるのは当然のことです。けれど嫌いなものがあるとき、親が自分の嫌いなものやことについて悪く言うのを聞いていると、子どもはそれを嫌いにならなくてはいけないのではないか、あるいは、親が嫌いなものは悪いものなのではないか、という観念を植えつけられてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1258文字/本文:1608文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次