読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1163332
0
軟弱者の戦争論
2
0
2
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
回路の外から眺めると

『軟弱者の戦争論』
[著]由紀草一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 まず、私が戦後日本の平和主義について抱いている違和感を大ざっぱに申し上げます。

 日本が戦争をできないのはなぜかというと、日本国憲法で禁じられているからだ、という答えが返ってくることがもっとも多いですね。そして、この憲法はすばらしいともよくいわれます。なぜなら、戦争を禁じているから。

 ここに、完全に閉じた循環論法が見出せます。「日本国憲法は戦争を禁じているからよい」「よい憲法が禁じているのだから日本は戦争ができない」というように、互いが根拠になり、判断・主張にもなり合っているのです。戦後思潮の主流は、なるべくこの回路のなかにとどまろうとし、一歩でも外へ出ようとするものは危険とみなしてきたように感じられます。

 私は、戦争など大嫌いな軟弱者であるにもかかわらず、これにはかなり長いこと違和感をもってきました。何かが足りない、あるいは、非常に重大な何かに、故意に目をつぶっているように感じられたのです。これを、できるだけ論理的に明らかにしてみましょう。

 戦争を禁止している九条の精神を、もうすこし具体的にいうとどうなるか。一九四七(昭和二十二)年、文部省(当時)が中学一年用の社会科の教科書として発行した『あたらしい憲法のはなし』が、この場合、参考になりそうです。この本は五〇年には副読本になり、五二年には消えました。現在、著作権が消滅したので、復刻もされ、よく引用されています。以下は、第六項「戦争の放棄」の全文です。


 みなさんの中には、こんどの戦争に、おとうさんやにいさんを送りだされた人も多いでしょう。ごぶじにおかえりになったでしょうか。それともとうとうおかえりにならなかったでしょうか。また、くうしゅうで、家やうちの人を、なくされた人も多いでしょう。いまやっと戦争はおわりました。二度とこんなおそろしい、かなしい思いをしたくないと思いませんか。こんな戦争をして、日本の国はどんな利益があったでしょうか。何もありません。ただ、おそろしい、かなしいことが、たくさんおこっただけではありませんか。戦争は人間をほろぼすことです。世の中のよいものをこわすことです。だから、こんどの戦争をしかけた国には、大きな責任があるといわなければなりません。このまえの世界戦争のあとでも、もう戦争は二度とやるまいと、多くの国々ではいろいろ考えましたが、またこんな大戦争をおこしてしまったのは、まことに残念なことではありませんか。

 そこでこんどの憲法では、日本の国が、けっして二度と戦争をしないように、二つのことをきめました。その一つは、兵隊も軍艦も飛行機も、およそ戦争をするためのものは、いっさいもたないということです。これからさき日本には、陸軍も海軍も空軍もないのです。これを戦力の放棄といいます。「放棄」とは、「すててしまう」ということです。しかしみなさんは、けっして心ぼそく思うことはありません。日本は正しいことを、ほかの国よりさきに行ったのです。世の中に、正しいことぐらい強いものはありません。

 もう一つは、よその国と争いごとがおこったとき、けっして戦争によって、相手をまかして、じぶんのいいぶんをとおそうとしないということをきめたのです。おだやかにそうだんをして、きまりをつけようというのです。なぜならば、いくさをしかけることは、けっきょく、じぶんの国をほろぼすようなはめになるからです。また、戦争とまでゆかずとも、国の力で、相手をおどすようなことは、いっさいしないことにきめたのです。これを戦争の放棄というのです。そうしてよその国となかよくして、世界中の国が、よい友だちになってくれるようにすれば、日本の国は、さかえてゆけるのです。

 みなさん、あのおそろしい戦争が、二度とおこらないように、また戦争を二度とおこさないようにいたしましょう。


 現在までの、憲法を守ろうと唱える人びと、いわゆる護憲派の基本的な論理はほとんどすべて入っていることがわかります。ここで足りないこととは何でしょう。

 この文では最初に、大東亜戦争の悲惨さが述べられています。まことに失うもののみ大きく、得るところのないいくさだった、と。そのとおりですし、戦後二年目のこの時期には、こういう言葉は、いまとは比較にならない切実さで、人びとの胸に響いたでしょう。「戦争は人間をほろぼすこと」だ、と。

 もっともこの時期でさえ、戦争放棄など実現不可能なたわごとだ、という人もいたようです。歴史家・半藤一利は、「そこ(憲法)にある戦争を永遠に放棄するの条項に、それは武者震いの出るほど、わたくしには素晴らしいことのように思えた」のに、お父さんに、「馬鹿か、お前は。人類が存するかぎり、戦争がなくなるはずはない。そのためには人間がみんな神様にならなきゃならん」といわれ、「なんて親父は現実主義者なんだと、大そう憤慨した覚えが残されている」(『日本国憲法の二〇〇日』)と書いています。護憲派=理想家、改憲派=現実家、という見取り図は、憲法発布当時からできあがっていたことがわかります。

 ただ、一足飛びに人間性の根本にいったりすると、毎度おなじみの不毛な言い合いになってしまいます。それ以前の段階で立ちどまって考えてみましょう。このような深刻な反省は、日本が戦争に負けたからこそ、出てきたのではないでしょうか。戦勝国も、甚大(じんだい)な被害があったにちがいないのですが、それでも、戦争そのものがいけない、とまではいわれません。

 それもそのはずです。たとえば、この戦争にアメリカが参加しなかったらどうだったか。いわゆる連合国は、枢軸国(日本、ドイツ、イタリア)に勝つことができたのか、どうか。そこを踏まえてなお、あらゆる戦争は悪だから、アメリカ参戦を決めたフランクリン・ルーズベルトは悪い大統領だった、といえますか?

 ルーズベルトに関しては、しばらく前から次のようなことがいわれています。彼はアメリカ史上唯一、四期務めた大統領だった(それまでは慣習的に二期までだった。現在は憲法で正式に二期までと決まっている)。四選目のときは、一九三九年に始まった第二次世界大戦には参戦しないことを公約していた。だから、イギリスや中国からいかに望まれても、ドイツや日本に戦争を仕掛けることはできなかった。そこで、日本を罠にかけることにした。ABCD包囲網で経済的に締め上げ、満州からの即時撤退など、とうてい()まないとわかっている要求をハル・ノートで突きつけて、挑発した。そして、たまりかねた日本の攻撃が、宣戦布告前になったことを奇貨(きか)として、これをだまし討ちだと非難し、「リメンバー・パールハーバー」なる標語までつくって、日本討つべしの世論をアメリカ国内につくりあげ、うまうまと自国を戦争に参加させることができたのだ、と。

 これがほんとうかどうか知りませんが、ほんとうだったとしても、ルーズベルトを非難できる人がいるでしょうか。特に、「大きな責任があるといわなければなりません」とされている「こんどの戦争をしかけた国」=日本としては。日本のした戦争は悪だった、といえばいうほど、それを負かしたアメリカの戦争は善だ、ということになりませんか? すると、悪い戦争といい戦争がある、ということになるのではないですか?

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:0文字/本文:2978文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次