読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1163742
0
渡部昇一、靖国を語る 日本が日本であるためのカギ
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
かくて靖国神社は、焼却を免れた

『渡部昇一、靖国を語る 日本が日本であるためのカギ』
[著]渡部昇一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ところが、これに例外が生じたのです。私の見るところ、その例外は第一次大戦後、二度ありました。

 最初は第一次大戦後、ドイツにヒトラーが登場し、ユダヤ人を殲滅しようとしたときです。シェイクスピアの『ベニスの商人』に見られるように、ヨーロッパではユダヤ人に対して小さな意地悪や差別をすることは以前からありました。しかし、国家としてユダヤ教徒を迫害しようとしたことはありません。ところがヒトラーは「ホロコースト」をドイツ国家の方針としたのです。これは明らかにウェストファリア条約に反するものでした。

 文明国同士の間で、ある国家が他国の宗教、信仰に介入した二番目の例は、GHQが占領下にある昭和二十年十二月十五日に日本に出した「神道指令」です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1256文字/本文:1574文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次