読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1164094
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
李朝に倣い李朝の弱点を克服した北朝鮮

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 誤解を恐れずにいえば、ソ連は帝政ロシアの、共産中国は明朝や清朝の、そして北朝鮮は李朝の、それぞれ現代における社会主義的な再生という見方もできる。そうした意味から、北朝鮮は専制権力を金日成から金正日へと世襲したことによって、より東洋的専制主義国家に範をとったものといっていいかもしれない。

 しかしソ連はすでに崩壊し、共産中国も「市場社会主義」という名で経済的には大きく資本主義化の道を歩んでいる。その他のほとんどの社会主義国家も滅び、ベトナムなどの社会主義国も市場経済を積極的に導入するようになっている。それに対して北朝鮮だけが、一部に経済特区を設けているものの、従来の社会主義国家のシステムをほとんど変えていない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1435文字/本文:1743文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次