読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1164100
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
チュチェ思想は儒教の社会主義版である

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私の考えでは、金日成がはじめたとされる北朝鮮のチュチェ思想(主体思想)は、まさしく儒教の考え方の社会主義版である。

 その第一は、何よりもその内容が儒教と同じく「自然の頂点に立つ人間中心の世界観」に満ちていることである。

 儒教(朱子学)では、古くからの天命思想を受けて、天命とは「天があたえた自然の秩序(規範)=命」のことであるとする。この自然の秩序は、人間を頂点とするさまざまな生き物たちの階層秩序としてあり、人間界の秩序もまたそのようにあるのが天命にかなったことである。その人間界の秩序の頂点にあるのが天子であり、人々はその下に階層や身分や役割をもって序列づけられる──。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1777文字/本文:2065文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次