読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1164101
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の主体性唯物論とチュチェ思想の関係

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 北朝鮮の初期には、チュチェ思想はなく、あったのは中国に範をとった自力更生論だった。一九六〇年からの中ソ対立以降、北朝鮮は「自国の革命と建設は他国に頼らず、自国人民の力によって進めるべきだ」という自力更生の考えを強く打ち出した。そして六〇年代後半から、金日成が「思想における主体、政治における自主、経済における自立、国防における自衛」を主張し、チュチェ思想と呼ぶようになった。これは、マルクス・レーニン主義を自国の実情や条件に即して自主的に適用する、という立場からのもので、金正日はそうした考えがチュチェ思想の出発点にあったと述べている(前出「チュチェ思想について」)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1422文字/本文:1707文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次