読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1164104
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
小中華主義思想の社会主義版

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 そうしたおよそ千二百年にわたる体験を通して、十四世紀末にはじまる李朝の時代にはもはや、中国皇帝への徹底した忠誠を示して保護を受けるしか、国家の安泰を保持する手だてはなかった。そのためにとるべき方策は、対外的な軍事力は基本的に中国に依存し、全面的に中華主義を受け入れていくことであった。

 中華主義とはおよそ次のような考え方をいう。
「自らが世界の中心にあり、その中心から遠ざかれば遠ざかるほど、いよいよ野蛮な夷族たちの地が広がっている。こうした世界に安定した秩序を生み出すには、世界の中心すなわち文化の中心にある〈高等な〉中華が、周辺の〈劣等な〉夷族たちに文化・道徳を与えて感化・訓育し、中華世界の支配下へ組み入れていくことである」
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1663文字/本文:1978文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次