読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1164111
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
客家と朝鮮半島人のたどった歴史的な境遇のちがい

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 客家の人たちにこうした意識が強く形成されていったのには、およそ次のような経緯があった。当然ながら朝鮮半島人の事情とはまったく異なっているのだが、ある種の歴史的な境遇については通じるところがあるようにも思われる。

「『中華』の文化主体としての意識が形成され、対極概念としての『夷狄』に対する抵抗力が増す一方、モンゴル軍に圧迫されて華南の山間地帯に拠点を構築する過程で、この漢民族の一群は、ミャオ族、ヤオ族、トン族などの非漢民族との抗争・融和を体験し、福建・広東両省の先住漢民族と(しのぎ)を削ることになった。

 このような社会的摩擦のなかで、彼らは、統一的意志をもつ集団に練成され、先住の土着民社会と区別して、外来の客民、という意味で、『客家』とよばれるようになった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1248文字/本文:1581文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次