読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1164112
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
中華主義に未来はあるか

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 客家の中華主義は、生活現場で異民族との接触を必然としたため、そこで積み重ねられてきた融合や対立の歴史体験を通して育まれてきたものだ。それに対して朝鮮半島人は、たび重なる異民族の侵入を受けての防衛意識が中華主義をより強固なものとしていったといえるかもしれないが、生活場面での異民族との融合や対立の歴史体験は、日本統治時代に若干あったことを除いてはまったくもって少ない。

 客家は中国に約三五〇〇万人、台湾に約五〇〇万人、海外華僑ないし華人として約七〇〇万人が世界各国に分布しており、また華僑・華人の約三割が客家といわれる。中国人全体に占める人口としてはたいした数ではないが、彼らがアジアの政治・経済に及ぼしてきた影響は大きい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1274文字/本文:1586文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次