読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1164122
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
人種に近いイメージとしての民族

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 朝鮮半島で民族主義(ナショナリズム)といえる動きがみられるようになったのは、日本のように近世末期のことではない。日本による併合から九年後に起きた「三・一独立運動」(一九一九年)以後のことである。そして、民族としての自覚が本格的に国内に広がったのは戦後のことである。

 それに対して日本では、江戸末期の「ペリー来航」(一八五三年)を契機として急速に民族主義が勃興し、その流れから明治維新があり近代民族国家が形成されていった。

 一般的には、同一の祖先をもつと信じられ、共通の文化(言語、宗教、習慣、生活様式など)をもち、一定の広がりのある同一地域に歴史的に生活を展開してきた人々の集団を民族=ネイションといっている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1450文字/本文:1756文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次