読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1164127
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ハングル専用論者と漢字復活論者にみられる自民族優越主義

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 朝鮮半島は、日本語以上の漢字中心文化の伝統をもち、日常語の実に七〇パーセントに漢字語が使われてきた。にもかかわらず、戦後は韓国でも北朝鮮でも漢字をすっかり廃止してしまった。

 韓国と北朝鮮が漢字を廃止したのは、言語学などの面からよくよく考えた上でのことではない。ハングル専用主義が、戦後韓国・北朝鮮の極端な愛国主義・民族主義と深く結びついたためである。

 ハングル専用主義はエスノセントリズムと不可分のものだが、北朝鮮ではそれを当然のこととしている。そのため、ことさらハングル専用主義の主張が伝わってくることはない。

 最近の韓国では、金大中政権が漢字復活を提唱したことから、少しずつ漢字復活論が出はじめている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2272文字/本文:2576文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次