読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1164148
0
反日・愛国の由来
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
核開発の後押しをしてきた盧武鉉政権

『反日・愛国の由来』
[著]呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 盧武鉉大統領は一貫して、「北朝鮮の核開発は危険なものではない」とか「北朝鮮の核開発主張には一理ある」など、北朝鮮の核開発は軍事目的ではないとして支持する主張を続けてきた。そして核実験一カ月前の〇六年九月七日には、「核実験の何らの徴候も手がかりももっていない」として、一部に伝わっていた「核実験の徴候あり」との情報を打ち消している。さらに九月二十八日には「(核実験が行なわれるかという質問に対して)そういうことがないよう、さまざまな努力をしている」と語ったが、そのわずか五日後の十月三日、北朝鮮は「核実験を行なう」と宣言したのである(『朝鮮日報』〇六年十月五日)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1693文字/本文:1975文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次