読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1164261
0
たくましい人 弱い人との違いは何か
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 戦う楽観主義者になれ

『たくましい人 弱い人との違いは何か』
[著]加藤諦三 [発行]PHP研究所


読了目安時間:19分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「明日は必ず良くなる」
 辛い時には「明日は必ず良くなる」と信じることである。生きるのに疲れた時には「明日は必ず良くなる」と信じることである。

 それを信じられるのがたくましい人である。

 何度も言うが、明日はどうなるか分からない。

 明日は相手が弱い立場になり、こちらが強い立場になるかも知れない。

 自分を苛めている相手は明日失脚するかも知れない。

 自分の弱い立場がこのままいつまでも続くとは限らない。相手がいつまでも強い立場であるとは限らない。

 自分のことを軽蔑した人が、景気の良い業種で働いている。その景気が良い姿を見ながら、こちらは貧しい生活をしている。

 それは胸が張り裂けるような悔しさである。

 しかしその人が働いている業種がいつまで景気が良いか分からない。明日は不況業種になるかも知れない。明日は分からない。

 楽観主義とは、「この今の自分の不運がいつまでも続かない」と思うことである。

 シーベリーは「人生の勝者は戦う楽観主義者だ」と言っているが、その言葉を借りれば「たくましい人とは戦う楽観主義者である」。

 今の不運に決して屈しない。頑張っていればいつか不運は幸運になる。その時まで頑張る。

 今までも屈しなかった。これからも屈しない。今までだって幸運ばかりではなかった。

 それでも「私はこうして生きている」。

 実はあなたはすでにたくましい人かも知れない。問題はそれに気がついていられないということである。

 あなたは過去にもの凄い困難をすでに乗り越えている。あなたは自分が乗り越えた山の大きさに気がついていない。

 あなたは自分を正しく認識できていない。そこがうつ病的傾向の強いあなたの問題点である。

 うつ病的傾向の強い人は自分を否定的に解釈する。自分の実績を低く評価する。

「運がいいんだ」と思うと運が向いてくる
 今の不運を顕微鏡で拡大して見てはいけない。弱気になるとどうしても不運を誇大視する。疲れ果ててくるとネズミを虎と間違える。

 今のこの不運があるから、あなたは明日殺されるかも知れないだろうか。あなたの敵は刀を持ってあなたを殺しに来るだろうか。

 今の不運はどの範囲の不運なのだろうか。職場の不運だろうか。隣近所の出来事であるか、それとも家族内の出来事であろうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:8222文字/本文:9157文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次