読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1165017
0
衰亡の経済学
2
0
0
0
0
0
0
経済・金融
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
医療産業を市場に移せ

『衰亡の経済学』
[著]竹内靖雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

医療サービスの多くは贅沢品


 医療サービスは、「万人にとって必要不可欠であるから、貧しい国でも豊かな国でも同じように供給され、消費されている」というものではない。一人当たりの所得が高くなればなるほど、国全体の医療費も大きくなる。また先進国では医療保険制度その他、医療サービスを低価格で提供する制度が用意されているために、医療サービスへの需要も膨脹する。

 貧しければ買わない(買えない)が、豊かになれば買う(買える)、そして所得にくらべて安ければますますたくさん買う──こういう性質のものは、生活必需品ではなくて贅沢品である。医療サービスの多くも、どちらかといえばこの贅沢品に近い性質をもっている。

 食べるものが手に入らなければ人は間違いなく死ぬ。その意味で主食とされているようなものは生存に必要不可欠であるが、高級ビーフなどはそうではない。それはカネを出せる人だけが食べればよい贅沢品である。

 医療の場合も、怪我や急性の病気などで、これをしなければ死んでしまうという性質の医療サービスは主食にあたる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3718文字/本文:4167文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次