読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1165151
0
良妻賢母 女が幸せになるヒント
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 感謝する力をつける

『良妻賢母 女が幸せになるヒント』
[著]池内ひろ美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 まず、「ありがとう」と声に出して言ってみてください。「ありがとうございます」と長いフレーズでなくてもかまいません。短く、「ありがとう」。それを声に出すことが大切です。一人きりのときに練習してみましょう。次に、腰から上を鏡に映して、「ありがとう」と発声してください。

 背中は曲がっていませんか? せっかくきれいな言葉を発するのですから、背筋を伸ばして声に出してみましょう。両肩を後ろへ引きぎみにし、左右の肩甲骨を合わせるイメージです。少しアゴを引いてくださいね。はい、「ありがとう」。

 できたら笑顔を作って、もう一度言ってみましょう。唇の両端を持ち上げる感じで、大きめに口を開けてくださいね。口の形が決まらないときは、小さな声で「いち、に、さん、し」と数えて、「し」の形で止めてください。それがあなたの笑顔です。余談ですが、写真を撮るときにも、「はいチーズ」より、「いち足すいちは、に」あるいは、「ににんが、し」と声に出すと自然な笑顔になります。

 次には、伸ばした背筋から両肩の力を少し抜いて、右手と左手を重ねて下腹に置いてください。そして、もう一度発声します。「ありがとう」。下腹にも少し力を入れてみましょう。笑顔を忘れないでくださいね。

 これであなたの女性としての魅力が格段にアップしました。自信を持って、今日からありがとうを声に出して伝えてください。

 まず、夫に言ってみましょう。夫が平常心のときに伝えてくださいね。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5319文字/本文:5930文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次