読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1165392
0
目からウロコの民族・宗教紛争
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
12 コソヴォ紛争 紛争をまねいた大セルビア主義の政治利用

『目からウロコの民族・宗教紛争』
[著]島崎晋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

アルバニア人、セルビア人にとって特別の地


 ベルリンの壁崩壊とともに国家の解体という一大激変にみまわれたユーゴスラビア。ボスニア=ヘルツェゴヴィナの内戦はNATO軍の介入によっていちおうの終息をみたが、それと入れ替わるようなかたちで新たな紛争が激しさを増しつつあった。紛争の舞台はセルビア共和国の南西部に位置するコソヴォ自治州である。

 コソヴォ自治州は面積1万887平方キロと、岐阜県とほぼ同じくらいの広さをもつ。総人口は200万人あまり。アルバニア人(74パーセント)とセルビア人(18パーセント)によってその大半が占められ、宗教はアルバニア人はイスラーム、セルビア人はセルビア正教が主である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2115文字/本文:2412文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次