読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1165503
0
「オバマの嘘」を知らない日本人
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第四部 白人が少数民族になる

『「オバマの嘘」を知らない日本人』
[著]日高義樹 [発行]PHP研究所


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 アメリカの人口調査局の調査によると、アメリカの人口構成比率は、これから短期間に大きく変わる。アメリカの白人が人口に占める割合は二〇一三年現在で七〇パーセントだが、二〇四〇年には過半数ぎりぎりの五〇・八パーセントになり、さらにその十年後の二〇五〇年には四六・三パーセントになる。こういった数字は調査機関によって多少のブレがあり、『ニューヨーク・タイムズ』によれば、アメリカの人口構成は二〇四二年には白人四六パーセント、二〇五〇年には三八パーセントになる。

 アメリカでは、ヒスパニックの人口が急速に増えている。二〇一二年には、全人口の一七パーセントだったが、二〇三〇年には倍近い三一パーセントに増える見通しである。このような人口構成の変化、とくに白人人口の減少は、アメリカ社会を大きく変えることになる。すでにアメリカでは、黒人とヒスパニック、アジア系、さらには白人ではあるがロシアや東欧からの移民が多くなるにつれて、国の体質が変わりつつある。

 アメリカという国は、基本的にはイギリスの一部である。ハーバード大学ケネディスクールにあるマスコミ研究所で教えていた頃、図書館で膨大な数のアメリカ建国に関連した本や文書があるのを見つけて時間があるときに目を通したが、気がついたのは独立戦争の際にアメリカと戦ったイギリス側の考えや戦闘についての本が少ないことだった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3967文字/本文:4544文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次