読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1165988
0
日本と韓国は和解できない
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「国語」「氏姓」を奪ったという非難は短絡的にすぎる

『日本と韓国は和解できない』
[著]渡部昇一 [著] 呉善花 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 渡部 「国語」を奪ったという非難も無理があります。ハングルはもともと十五世紀の世宗が発明したもので、その普及には科挙に合格した特権階級である両班が反対した。彼らにとっては、漢字を使うことこそが地位の象徴で、新しい文字を使うのは宗主であるシナの許可も必要だとしたので、十六世紀初頭には完全に(すた)れてしまっていました。それを民族の言葉として復活させ、両班、庶民の区別なく普及させたのが日本です。七〇〜八〇%という併合時の韓国の文盲率の高さに驚いた日本は、取り急ぎ教育向上には漢字よりもハングルの普及をと考えたのです。もしこれを疑う人がいるなら、日本の統治以前にまともなハングルの文書があるかどうかを探してみればよい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1938文字/本文:2248文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次