読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
100
kiji
0
0
1167336
0
骨抜きにされた日本人
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
三、占領の開始と憲法学者の変節

『骨抜きにされた日本人』
[著]岡本幸治 [発行]PHP研究所


読了目安時間:17分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 占領行政の開始と天皇論

 昭和二十年八月三十日、マニラを飛び立ったマッカーサーは、七時間後に厚木飛行場に到着した。先発部隊のアイケルバーガー将軍の迎えで横浜のニューグランドホテルに入り、九月二日には「ミズーリ」艦上で降伏調印式が行われた。艦上には、一世紀ばかり前に日本の開国を強要したペリーの用いたアメリカ国旗が翻っていた。九月八日、マッカーサーは総司令部を東京に移した。日本占領連合軍最高司令官として、すなわち事実上の日本の支配者として君臨するという生活が始まったのである。

 そのときの心境を、彼は『回想記』に以下のように記している。

「私は日本国民に対して事実上無制限の権力をもっていた。歴史上いかなる植民地総督も、征服者も、総司令官も、私が日本国民に対してもったほどの権力をもったことはなかった。私の権力は至上のもの(ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ)であった」
「私は大きい権力を与えられただけに、かつて私の生涯で経験したことのない、むずかしい問題に当面することとなった。私の職業軍人としての知識は、もはや大きい要素ではなかった。私は経済学者であり、政治学者であり、技師であり、産業経営者であり、教師であり(ヽヽヽヽヽ)一種の神学者でもある(ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ)ことが要求されたのである」
「日本はいまや、国民を全体主義的な軍部の支配から解き放ち、政府を内部から自由化するという実験の一大研究所(ヽヽヽヽヽヽヽヽ)となったのである。日本での実験は、日本の戦争再開能力をぶちこわし、戦争犯罪者を処罰するという連合軍主要目標よりはるかに進んだものでなければならない(ヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽヽ)ことが、私にははっきりしていた」(傍点、著者)


 以上の引用文は、その後彼が日本で行なったもろもろの「実験」を支えていた信念が、まさに「一種の神学者」のような口調で語られているという点で興味深いものである。

 七月二十六日に発せられたポツダム宣言を、八月十日、日本政府は「天皇ノ国家統治ノ大権ヲ変更スルノ要求ヲ包含シ居ラザルコトノ了解ノ下ニ受諾」した。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7538文字/本文:8418文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次