読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167377
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 グローバリズムと民族紛争

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

テロリズムを誘発する物量主義


 私たちはむしろいま、あの九月十一日の同時多発テロ事件を、単にアメリカが一方的な被害者であり、悪はすべてアルカイダに象徴される、イスラームのテロリスト・グループにあったのだと単純明快に割り切っていいのかを、あらためて問うべきだろう。

 テロ事件直後にはじまった、アメリカによるアフガニスタン攻撃、さらに大量破壊兵器(いんぺい)蔽疑惑に発したイラク攻撃を前にして、私たちに突きつけられているのは、アメリカによる戦争のための戦争という現実認識である。すべての戦いが、神が促すところの報復と観念され、そこに神の加護があると信じる。これは米英軍があたかも中世の十字軍(クルセイド)ででもあるかのように意識しているかに見えるアメリカ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2708文字/本文:3034文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次