読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167388
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 パウロによるキリスト教 ─異邦人への呼びかけ─

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

迫害の先導者から不屈の伝道者へ


 エルサレムの聖墳墓教会内には、聖域内の聖域ともいうべき殉教聖堂(マルテュリオン)がある。身をかがめなくては入れない入り口をくぐったその狭い堂内には、ユリの花で飾られたイエス・キリストのレリーフがかかげられており、一日中絶えることがない巡礼者たちの熱い口づけを受けている。

 紀元三二六年の、コンスタンティヌス大帝の母ヘレナの聖地巡礼以来、クリスチャンにとって殉教者イエスを偲ぶにもっともふさわしい聖地として、聖墳墓のあるこの地は憧憬の的となってきた。

 聖墳墓とは、十字架刑に処せられたイエスがこの地に埋葬されたことを意味するが、教会はそのイエスが復活した地として、キリスト教信仰の原点の位置にもある。

 キリスト教神学のなかで、イエスの死後における復活という伝承は、死人の蘇りと同義にイメージされるだけに、信仰者以外の者にとっては容易に納得がゆくものではないだろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2547文字/本文:2944文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次