読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167393
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 ムハンマドの瞑想と啓示 ─「永遠の宗教」への確信─

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ムハンマドの異常体験


 イスラーム(この言葉自体がイスラム教を意味する)を説いた預言者ムハンマド(五七〇─六三二)は、『旧約』に登場するアダムをはじめノアやアブラハム、モーセ、ダビデさらに『新約』の主役イエスなど、二八人にのぼる預言者の系列において〈最後の預言者〉に位置づけられている。しかもイスラームでは、この預言者の系譜のなかで、ムハンマドがもっとも優れた預言者とされ、彼以後の預言者はいっさい認めていない。
「神の使徒」あるいは「預言者」「警告者」ともよばれるこのムハンマドに、神から下されたとされる啓示を彼が語り、それを身近にいた人々が記憶し、第三代カリフ(最高権威者。在位六四四─六五六)のとき、それらを集録したものが『コーラン』であった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2295文字/本文:2618文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次