読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167399
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
2 歪められたイスラームのイメージ ─希望の道を見出せないまま─

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

閉塞した世界では聖戦が希望への道に映ってしまう


 米英軍主体の、イラクへの連日にわたる空爆にはじまった〈イラク戦争〉は、二〇〇四年七月現在においてさえ「いったい、なんのための戦争なのか」という疑問を解けないままでいる。

 イラクへの攻撃がはじまる前から、戦争行為への批判は厳しく問われていた。しかしいま「なんのための戦争なのか」という問いは、駐留軍、現地イラク人、双方の兵士、報道関係者を含む、その実数さえ明らかではない多くの死者の前に、あまりに残酷にすぎる。いやそれとも、二〇〇一年九月十一日のアメリカにおける同時多発テロ事件以来、世界中に高まっているイスラーム過激派にたいする警戒心、そしてテロリズムへの恐怖が、戦争行為にたいする疑問の解けないことを、黙認しているとでもいうのだろうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2509文字/本文:2852文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次