読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167407
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 ウパニシャッドの思想 ─生命の本質・生命の円環─

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

多様な精神世界における解脱の思想


 バラモン教の四部門にわたる聖典の最終部門に相当し「ヴェーダの極致」ともいわれるウパニシャッドは、現代におよぶインド思想の源泉として、さまざまな宗教・思想に多大な影響を与えてきた。

 紀元前五〇〇年を前後する時代の成立が伝えられる二〇〇余種にのぼる哲学書群は、師から弟子へとマンツーマンによって伝達されたことから〈奥義書〉とも訳されるが、ここには多くの思想家の手に成る、多様な思想が含まれている。
『チャーンドーギヤ・ウパニシャッド』にこんな対話がある。

 父であり師であるウッダーラカが、子であり弟子であるシュヴェータケートゥに、ニヤグローダ樹の実をもってくるようにいう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2122文字/本文:2422文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次