読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1167414
0
荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5 霊魂という神・仏 ─日本仏教への変容─

『荒野(あらの)の宗教・緑(みどり)の宗教』
[著]久保田展弘 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

唯一絶対神をかかげない仏教の変容


 仏教の、時代とそれが伝播した文明圏のちがいを通して一貫していたテーマは、なんらかの実践を通して、悟り(菩提)を得ようという目標をもっていたことだろう。こころの平安を目指してきた、といってもいい。

 だが仏教は、キリスト教、イスラーム、あるいはユダヤ教とくらべても、その変容が激しい宗教といえる。

 信仰の対象が釈尊から、大乗経典・密教経典の編纂にともない多様化し、それが日本仏教において宗祖への信仰、さらには神仏習合の尊格への信仰へと広がったとき、仏教は霊魂信仰というに等しい変容を遂げることになる。

 仏教はその無我説の立場から、霊魂の存在については説かなかった。

 だが無量寿経、阿弥陀経など、称名念仏による浄土往生を説く浄土経典の出現は、死後における往生の主体が何であるかの問いを生み、仏教はウパニシャッドによる輪廻説を受け入れ、霊魂の存在は暗黙のうちに認められることとなり、仏教信仰の裾野を広げることになった。

 さかのぼれば釈尊の遺骨を塔に祀り礼拝したことは、釈尊の神格化、その教えであるダルマ(法)への尊崇の念によるとしても、その実質は釈尊という偉大な人格の霊魂への信仰だったともいえる。

 釈尊は「自己は自分の(あるじ)である」「自己こそが自己の()りどころ」と『ダンマパダ』に語り、のちに『マハーパリニッバーナ経』で「みずからを灯明とし、法を依りどころとして」(自燈明・法燈明)生きることを説いていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4419文字/本文:5042文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次