読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1168394
0
不運をはじく「幸せバリア」で人生が変わる!
2
0
4
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
はじめに 〜人生のアップグレードに強力な効果、「幸せバリア」を張り巡らそう!〜

『不運をはじく「幸せバリア」で人生が変わる!』
[著]BeBe [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
4
| |
文字サイズ

はじめに ~人生のアップグレードに強力な効果、「幸せバリア」を張り巡らそう!~
◆もう空回りしたくないあなたへ


 私の名前はBeBe、よくベベと読み間違えられますがビビです。

 日本人ですけどね……。

 幼少の頃よりほかの子よりもやや感性が個性的だった私は、お友達に見えていないものが視えているなんてことがしばしばありました。

 母親から「頭のおかしな子だと思われるから何を視ても、何を聴いても絶対にそのことを他言するな」と厳しく言い聞かされて育ちました。

 しかし、マニアックな才能は既に10歳で開花!

 子供ながらに世界中のタロットカードに魅了され、タロットの研究を始め、小学校を卒業する頃には数種類のタロットカードを自在に操るようになっていました。


 13歳の頃、モデルにスカウトされたことをきっかけに、「占い師じゃモテなさそうだから」という単純な理由から、その後はモデル、タレントとして活動していましたが、ある日突然人生のどん底に突き落とされてしまいます。

 「このままでは生き残れない!」という強迫観念にかられ、とりあえず修行のつもりで所属した某大手の電話占いの鑑定会社にて、在籍数カ月程度でうっかり人気占い師になってしまい、そのことに調子づき「LOVE SPIRITUAL」を主催。

 2010年には姉の彩とともにマレーシアへ渡り、世界最高峰と呼ばれる風水マスター、リリアン・トゥーの生徒として直接彼女から風水を学びました。

 その後は、クライアントの豊かな生活環境作り、開運、幸せ探しのお手伝いに日々奮闘中です。

 鑑定のご依頼は若い女性に留まらず、幅広い年齢層の方々、海外のクライアントからも多数のご支持をいただき、最近は本業モデルよりも開運アドバイザーとして多忙な日々を送っています。


 そんな私がこの本を書くに至った理由は、私たちの人生を輝かせてくれる「幸せバリア」という、目には見えないけれども、私たちを幸せに導いてくれるバリアの存在を皆さんに知っていただきたいと思ったからです。

 背が低く、手足も短く、決して美人とは言いがたい私が、モデルという職業で生き残るために身につけた、「自分を守るための手段」、それは人を妬むことでも、羨むことでも、誰かを踏み台にしてのし上がることなんかではなく、ただ自分自身をキラキラの虹色のバリアで守るということだけでした。


 当時の私は、常に輝いている人たちのなかで萎縮し、意地悪や裏切りが日常的に勃発するような熾烈な競争に疲れ果て、「なぜ、私は輝いていないの?」「どうして私は頑張っているのに空回りばかりするの?」と、ないものねだりを繰り返していました。

 しかし、ある時、何も光るものを持っていなくても、特別な存在でなくても、自分に自信がないミジンコ女でも、自らが虹色の光を放つことが出来れば自分だけでなく周りの人までもハッピーにしてあげることが出来る、「幸せバリア」の存在に気がついたのです。

 この「幸せバリア」を自分に張り巡らし、強化していくうちに、「変わりたい」と願うばかりだった私の毎日が少しずつ虹色の結界で守られ始め、以前は立ち直るのにとても時間がかかっていたようなことも、随分回復が早くなりました。

 そして、いつのまにか10年前の自分よりも今の自分のことが大好きになりました。

◆一刻も早く、浮かない時期から抜け出さないと危険


 「幸せバリア」というのは、詳しくは第1章で述べますが、簡単に言うと、自分がポジティブエネルギーを発することによって、不運や、他人からのネガティブな感情をはじき飛ばし、常に自分を幸せな状態に保つ機能のことです。

 この本には、この「幸せバリア」の張り巡らし方を、できる限り読者の皆さまが実行しやすいものに絞ってご紹介させていただきました。


 私はこの本を、

 「ネガティブな感情に押しつぶされそうになってしまう」

 「私は決して幸運な方ではない」

 「自分に自信がない」

 「人間関係がうまくいかない」

 「恋愛がうまくいかない」

 「仕事で失敗ばかりする」

 「何かと邪魔してくる人がいる」

 という方にぜひ読んでいただきたいと思っています。

 不運が続くと不運な自分に慣れてきてしまいます。

 それが当然になってしまうと自分が幸せになるイメージすら湧かなくなり、せっかくイメージしてみても、「そんなにうまい話があるわけない」とポジティブなイメージを自分自身で削除して、ネガティブな感情で上書きしてしまいます。

 ポジティブなイメージが出来ればそれをビジュアライズさせることだって可能なのに、可能性を簡単に放棄してしまうのも、ネガティブな人の特徴です。

 どんなに不運で要領が悪い人であってもこの幸せバリアを張ることは可能です。

 何より幸せバリアを張るのにはお金がかかりませんから、自己資金ゼロで始められるのも魅力ですよね!


 たとえば、あなたは素直に「ありがとう」という言葉が言えますか?

 私の大好きなハワイでは「mahalo(ありがとう)」という言葉を1日に何回も耳にします。私はいつもなんて素敵な響きなんだろうと、この「mahalo」という言葉を聞くと嬉しくなってしまいます。

 これが日本だとお礼の言葉がいろいろあってなんだか曖昧です。

 「どうも」とか「すいません」ってうっかり謝ってしまっています。

 シンプルに「ありがとう」って言えると、言ったほうも、言われたほうも、どちらも幸せバリアが強化されるのに……。

 なぜなら、そのポジティブな言葉から広がるパワフルなエネルギーが、相手の心にも届き、そして何より自分自身のポジティブな波動になるからです。


 テレパシーで会話しているわけではないので、やはり「ありがとう」とか「感謝しています」とか、さらには「愛しています」というようなことは、言葉にしなければ伝わりません。

 そう言うと、「そんなことやって一体何が変わるの?」「なんだか今さら恥ずかしい」「私は感謝もしてるし、ありがとうもちゃんと言ってるけど……」と思う方もいらっしゃいますよね。たしかに、すべてがいきなり変わるわけではありません。

 でも、これも心がけと積み重ねです。

 最初のうちは気づいた時でいいので笑顔で「ありがとう」を言うように心がけていると、それがだんだんと自然に言葉として出てくるようになってきます。

 早い人であれば3日もしないうちに、まずはあなた自身に、そして身近な人に小さな変化が起こり始めます。

 これは、幸せバリアの基礎中の基礎ですが、実際にやってみると意外と難しいもので、ついついやっているつもりになって自己満足しがちです。しかし、せっかくこの本を読んでいただくにあたって、こういったパワフルなバリアを作る言葉、つまり「言霊」の威力を、まず手始めに感じてほしいなと思います。


 人生はあなたがカスタマイズしていくものです。

 私自身を暗闇から救い出し、幸せに導いてくれたこの「幸せバリア」を上手に毎日の生活に取り入れてみてください。

 あなたがキラキラと輝く虹色のバリアでしっかりと守られ、あなた自身の次なるステップや夢の実現へのきっかけになることを心からお祈り致しております。

 MAHALO

BeBe
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
4
残り:-39文字/本文:2891文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次