読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1169145
0
大人になれないこの国の子どもたち
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
普通の子どもがなぜ犯罪を?

『大人になれないこの国の子どもたち』
[著]町沢静夫 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

■──非行歴のない少年による凶悪犯罪


 少年犯罪の推移を見ると、ちょうど現在、第四の波に入っているのかもしれないと思って危惧しています。

 第一の波は戦後の混乱期で、家出や売春といった青少年の刑法犯が多く見られました。

 第二の波は高度成長期の中、少年犯罪の悪質化や都市流入少年による非行が目立ちました。

 第三の波は昭和五十年代から平成三、四年までで、経済的発展、核家族化、人口の都市集中、地域社会の連帯感の希薄化、マスメディアの発達といったさまざまな要素が複合的に少年犯罪を増やしたと考えられています。この時は少年非行の低年齢化も問題になりましたが、家庭内暴力、校内暴力、登校拒否が増加しました。

 やがてこの波が低下したところで、平成七年ごろから再び少年犯罪数が上がり、その後も上昇を続けているのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2546文字/本文:2895文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次