読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

12/21に全サービスをRenta!に統合します

(2021/12/6 追記)

犬耳書店は2021年12月21日に、姉妹店「Renta!(レンタ)」へ、全サービスを統合いたします。
詳しくはこちらでご確認ください。

0
50
kiji
0
0
1169575
0
イケアはなぜ「理念」で業績を伸ばせるのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 価格を設定してから商品開発を始動

『イケアはなぜ「理念」で業績を伸ばせるのか』
[著]立野井一恵 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 イケアの商品は機能性に加え、北欧らしい色や形を備えているが、デザインもまた、コストを度外視しているわけではない。

 商品自身のフォルムより先に販売価格を決める。あるいはいくらであればお買得感のあるプライスだと思われるかを判断し、素材、物流管理、人件費、輸送費など、生産工程のあらゆる要素を洗い出して商品開発を進めていく。

 つまり、コストを積み重ねて、利益を出すにはこの値段という足し算型の価格設定ではなく、今まで150円だったマグカップを100円で売るにはどこを削ったらいいか、という引き算型の発想をするのだ。


 イケアのアイデンティティにあった商品をつくるために、価格と品質、デザインと機能、原材料や機械の効率化など、多彩な角度から検討する。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1408文字/本文:1729文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次